建築時々プライベート

温熱設計と意匠設計とコンパクトを考える

WRITER
 
 







この記事を書いている人 - WRITER -
2011年から工務店運営をしています。SNSやメルマガで情報発信の傍らボチボチと更新している個人ブログ。内容はすべて個人的見解です。 趣味:ネットサーフィン、カメラ、、キャンプ、バイク、旅行。

色々ありバタバタしています。

先週福岡に合流したメンバーは
メルマガで全員同じように言い訳
しています。

「3日出張のツケが・・・笑」

はい。私もしておきますm(_ _)m

なんとか業務は落ち着きそう
なのと、福岡で食べまくって
増えた体重は3日で調整して
マイナス圏まで戻しておきました。

良かった。

出張続きなので体重管理が
難しいです。

 

スポンサードリンク

20キロダイエットする方法は?

人生で20キロマイナス
ダイエットを2回した経験あり。

2回したって事はリバウンド歴あり。

食べたら食べた分だけ太る
体質ですm(_ _)m

ではどうやって痩せたのか?
はこちらの動画で解説しています。

ちょっとぽっちゃりさんは
20キロぐらいはすぐに痩せます笑

昨日は新規のご来店がありました。

ありがとうございました。

 

もうハウスメーカーで契約しているにすいません・・・

しかし、話を聞いてると
ちょっと様子が違う。

どうやらHMともう契約を
したそうです。

では何故私の元に来たのか?

youtubeで調べてたら
私の変な動画がオススメに
表示されてハマったそうです笑

で、そこから色々調べるウチに
「パッシブ設計」に興味が出たと。

でもすでに契約しているHMでは
どうやらパッシブ設計は組み込まれて
いないらしい。

4ヶ月ほぼ毎週設計打ち合わせを
して、まだ決まらなかった
設計図に追加してさらに
パッシブ設計を希望で追加した
そうです。

大変ですねーーー。。。
っていう話に。

このHMは会社の売りのキャッチに
【パッシブ】という言葉があるそうです。

でも図面にはその要素は無い
みたいです。

でもパッシブ設計を依頼したら
「書き直します」って言われた
らしい。
何だそれ?って思います。

会社の設計方針と設計意図が
リンクしてないって事。

 

設計打合せ4ヶ月しても決まらない・・・

4ヶ月毎週打合せして
設計が決まらないのもの
問題です。

その時点で違和感です。

そのうち気になって
弊社にご来店されたそう。

で、私の答えはこうです。

「そのHMで進めるので
あればパッシブデザインは
諦めた方が良いと思います。
恐らく無理です、パッシブ
デザインがわかっていれば
はじめから提案できるはず。
そこを求めずに進めるので
あればその方がよいと思います。

契約金も払っている事ですし」

っていう答えになります。
得意でない事を求めても
酷だということですね。

不得意な事をやると
ろくなことが無いですから。

っていう話で終わりました。

ご検討を祈ります。

また何かありましたが
ご相談下さい^^

初回の設計ヒアリングは結構重要

さて、本日はその流れで
設計の話を。

福岡では設計する際の
ヒアリングなどのポイントも
勉強させてもらいました。

※変わりに私は「youtubeを
やりましょー」という話を
してました笑

最初の設計ヒアリングが
すごく大事です。

パッシブ的な温熱要素は
もちろん考えながら、
意匠的な事も踏まえて
ヒアリングします。

結構大変です。
ここが一番のキモです。

打合せしょっぱなが
一番のキモで緊張します笑

設計する時に気をつけてる事は

温熱×意匠×コンパクト

です。

もちろん家の予算に上限が
なければ気にしませんが、
「コンパクト」には結構
重要です。

家が大きければ
大きいほど何かと
不利になってはいきますので。

 

部屋の帖数は設計者が決める事?

最近は特にそうですが、
オーナー様と設計ヒアリング
する時は「◯◯の部屋は
何畳入りますか?」とは
ほぼ聞かないです。

何畳必要?ではなく
その部屋何をするのか?

何を置くのか?
家具はお手元?
新しく買う?
造作で今回造る?

などです。
その空間でどーゆー
生活をしたいのか?を
聞く方が大切。

それに応じた必要な
大きさを提案する事。

「えーやっぱり◯帖欲しい」
というご要望もありますが。

そこはじっくりとヒアリング。

これがオーナー様に
とってプラスに働きます。

結果的に家が無駄なく
コンパクトになりますので。

建築コストはマイナス。
冷暖房効率はプラス。
メンテンナスコストはマイナス。
掃除面積はマイナス。

そんな感じです。

「コンパクトは家が狭い」ではないという事

 

コンパクト=狭いんちゃう?

ではないですよ。
【無駄なくコンパクト】です。

その為に必要な設計を
考えてもらいしょう。
60坪想定してた家が
50坪になればコンパクト

40坪を想定していた家が
35坪になればコンパクト

35坪の家が30坪に
なってもコンパクト。

そーゆー事です。

5坪うまく調整出来れば
仮に坪50万円で計算しても

250万円安くなります。

そのウチ100万円でも
ちょっといい家具や照明に
割り当てるだけでも家の
「質」はよくなります。

何も悪いことはありません。

って思っています。

と、自分で言いながら自分に
いつもプレッシャーを
与えながら設計しています(汗)

・・・さて今晩夜なべで設計案を
練ります・・・。

まとまるかな・・・?
では、では。


この記事を書いている人 - WRITER -
2011年から工務店運営をしています。SNSやメルマガで情報発信の傍らボチボチと更新している個人ブログ。内容はすべて個人的見解です。 趣味:ネットサーフィン、カメラ、、キャンプ、バイク、旅行。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 家づくりをゆるりと知る , 2019 All Rights Reserved.