建築時々プライベート

Z空調の全館空調の評判がいい?気になる電気代やデメリットについてまとめてみた

WRITER
 
 







この記事を書いている人 - WRITER -
2011年から工務店運営をしています。SNSやメルマガで情報発信の傍らボチボチと更新している個人ブログ。内容はすべて個人的見解です。 趣味:ネットサーフィン、カメラ、、キャンプ、バイク、旅行。

 

最近、少しずつハウスメーカーが全館空調システム搭載を勧めています。

全館空調(ぜんかんくうちょう)って何?っていう方はクオホームのHPにある記事をご覧下さい。

全館空調とは?(全館空調システム)が流行る理由は。デメリット?電気代について考えてみた

ちなみに現在弊社が推奨、興味を持って取り組んでいる全館空調システムはこちらです↓

階間エアコンって一体何なの?→一級建築士が回答します。

階間エアコンって一体何なの? → 一級建築士が回答します。

・・・これなんて読むの?(´・ω・`)って質問が来そうですね。

そのままお読み下さい【かいかんエアコン】。 ネーミングが少し気になるところです笑

こちらについては先ほどの瀬崎ブログでご確認ください^^

現在色々な空調システムがありますが、その中の商品の一つに「Z空調(ぜっくうちょう)」があります。こちらの商品システムはどうなのか?という問い合わせや相談もあります。

なので結構本気で色々調べてみました^^

 

 

Z空調HPより引用

一年中、家の温度を快適に。身体にも家計にもやさしい、新時代冷暖システムを謳っていますが、一体どういったシステムなのでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ヒノキヤグループ「Z空調」とは?

ヒノキヤグループ「Z空調」とは?

Z空調HPより引用

「Z空調」は、空調を「ダイキン」建物の断熱・気密を「ヒノキヤグループ」換気を「協立エアテック」と各社のコラボレーションにより実現した「新時代冷暖システム」です。

(俳優の斎藤工さんが出演しているZ空調のCM奇抜です(苦笑)。特に雪だるまバージョンは雪だるまが一瞬で溶けるところからの展開が中々シュールな感じw)

 

どのような新時代の空調システムなのか、内容について述べていきます。

日本の家といえば、夏暑く湿度が高く、冬は寒いというイメージが強いですね。実際、戸建ての家は、冬は非常に寒いですね。夏の睡眠不足の原因の7割は暑さによるもので、夏バテの大きな要因ともなっています。近年、夏の気温はどんどん上昇しており、その傾向はますます強くなっていくでしょう。

 

2017年の消防庁が発表している熱中症患者の発生場所の4割は家の中です。「居間・リビング」に続き「寝室・就寝中」が多数を占めます。寝ている間は室内の温度管理ができにくいため、熱中症のリスクが高まります。

 

冬の寒さも1月の平均気温、ロンドン6.5℃、パリ5.3℃、東京6.1℃(2016)とヨーロッパ並みの寒さです。

 

入浴中の死亡者の大きな原因はヒートショックによるものです。なんと交通事故死の4倍以上です。急激な部屋間の温度差によるヒートショックがその主な原因です。日本人のヒートショックによる死亡者数は世界一です。

 

ヒートショックの対策方法とは?

 

ヒートショックの対策方法とは?

 

入浴中に亡くなった方は、全国で約1万4000人と推測されていますが、原因の多くはヒートショックである可能性があります。浴室とトイレは、家の北側にあることが多く、冬場の入浴では暖かい居間から寒い風呂場へ移動するため、熱を奪われまいとして血管が縮み、血圧が上がります。

 

そして、お湯につかると血管が広がって急に血圧が下がり、と血圧が何回も変動することになります。寒いトイレでも同じようなことが起こります。血圧の変動は心臓に負担をかけ、心筋梗塞や脳卒中につながりかねません。

そんなヒートショックを防ぐため、脱衣所やトイレを暖めてあげるのが、一番の対策でしょう。

また、夏の高温多湿の気候は、体感温度を上げ発汗を妨げ、熱中症の原因になります。そのような課題を持つ日本の家を考え開発されたシステムが『Z空調』なのです。

 

 

Z空調のしくみ

 

夏の場合・・・

空気孔から取り込んだ(暑い外気)⇒ 全熱交換機 ⇒ 各階のエアコン ⇒ エアコンで冷やされた空気 ⇒ 各部屋の壁面から吹き出される ⇒ 冷やされた空気 ⇒ 家の隅々に行きわたる ⇒ 最終的に冷やされた空気 ⇒ 床下 ⇒ 全熱交換機 ⇒ 熱を交換して ⇒ 戸外へ排出

 

このように、床下の換気まで行うことができ、各階のエアコンによりフロアごとの温度設定が可能です。また、全館空調の既存のものに比べて、フロアごとの温度調節が可能なところも新しいシステムであるといえます。

 

温かい空気は上昇し、熱が2階にこもる等の構造上の問題もクリアできるようなシステムで、全熱交換機、各階のエアコンは、空調メーカー『 ダイキン 』社製です。全館空調に最適な断熱材として、『 ヒノキヤ住宅オリジナルのアクアフォーム 』が使われています。それによってより気密性、断熱性、吸音性を高めるための『 Wバリア工法 』を実現しています。

 

実験棟を使ったデータによると・・・

日中の外気温が35.3℃の時も室内は26℃を維持できました。
明け方の外気温が-5.1℃の時も室温は20℃以上をキープしています。

玄関ホールとリビングの温度差もなく家の中はいつもどこも快適に保たれており、家じゅうのあらゆる部屋、トイレ、脱衣所、お風呂、玄関全ての部屋の温度を一定に保てます。季節を問わず、暑い夏も、厳しい寒さの冬も快適に過ごすことができるという画期的なシステムです。

 

Wバリア工法

ヒノキヤオリジナル断熱材「アクアフォーム」を使った「Wバリア工法」により、気密性、断熱性、吸音性を実現。熱ロスが少なく、「Z空調」の省エネ性を最大限に発揮させることができます。

 

24時間換気システム『ココチE』

「Z空調」は、24時間給排気に『第1種換気』、熱交換ユニットを通った空気を建物内に取り入れる『全熱交換式』を採用しています。それにより、快適な温度・湿度に調節された空気を建物内に送り届け、フィルターにより、花粉・ほこり・虫の侵入を防ぎ、新鮮でクリーンな空気を取り入れて心地よく過ごすことができます。

 

熱中症予防、ヒートショック対策、花粉症による不快症状軽減の観点から言っても、快適なだけでなく、安全で安心できる空調システムといえます。

 

Z空調の評判・口コミはどうなのか?

 

● 非常に快適な温度で過ごすことができる。

● トイレや廊下には吹き出し口がなく、部屋の中よりやや寒く感じるといいう程度の温度差はあります。

● エアコン、につきものの乾燥Z空調は稼働させ続けるため乾燥がひどい。加湿器の導入が必要。

● 乾燥の利点として、部屋干しの洗濯物がよく乾きます。

● エアコンもいつか故障することが考えられるので、メンテナンス保障の確認を契約時にしておきましょう。

● 光熱費は思いのほか安かった。

http://crassone.media/house_maker/commonplace/

● 空気が乾燥する。

http://www.rinsimpl.com/archives/2019/01/13

今、斎藤工さんのCMで話題の『Z空調』CHANTO編集部が取材してきました!

上記の様にすでに導入されている方の口コミも出始めておりますので色々検索すると参考になる意見も多いですね。

ただ全部が高評価ではなさそです。ではデメリットはなんでしょうか?

Z空調のデメリットの口コミを調べてみた?

全館空調は最低限の性能は必要

どんな家にも全館空調システムが有効ってわけではありません。

最低限の性能も担保されていなければ思ったように効果はでませんし、電気代が想像以上に高くなる可能性が多いになります。

では全館空調の効果をUPさせるための家の性能の最低基準を解説したブログがありますのでそちらを参考にしてください。

全館空調の評判が知りたい?それならHEAT20を知っておこう!

全館空調の評判が知りたい?それならHEAT20を知っておこう!

デメリットは?

 

■ 各階ごとの温度設定はできますが、部屋ごとの温度設定はできません。

→家族の中でも体感温度は違います。しかし、個々での温度調整が出来ないのは困る。暑がりのご主人と、寒がりの奥様だと温度調整の取り合いに。暑がりの子供との調整がうまく出来ず喧嘩になる。

■ エアコンが故障すると、フロアごと空調が停止してしまう。

→集中エアコンの最大のデメリット。Z空調が故障してしますと、家全体の空調システムが止まってしまうので修理手配して直してもらうまでは地獄絵図になる可能性がある(汗)

■ 乾燥しやすい。

→全館空調システム全般のデメリット「過乾燥問題」ですね。

■ 各フロアの天井にエアコンを埋め込む形になるため、その部分の天井が一部低くなる。

→ダクトシステムになるとダクトスペースを確保する為に設計には要注意。天井の懐が狭いとダクトが潰れてしまったり、そもそも配管出来ない事もありえます。

■ まだ実績期間が短いので、データが少ない。

→全館空調システム自体はまだまだこれからの商品なので今後に期待ですね。

■ ダクト内のカビの発生が予想されるので、その面でのメンテナンスを考慮しなければならない。(どの全館空調でもいえること)

→ダクトの計上や施工方法によっては一番の問題。ただ24時間つけっぱなしで常に空気が流れている状態だとダクトにカビ、ホコリが溜まるというデメリットは軽減されるという事もあります。

今回の様な一年を通じて使わない時期があるエアコンの場合は運転していない時期に、ホコリが溜まったり、カビが発生したりする事がありますの注意が必要です。

Z空調の電気代はどれくらいになるのか?

 

一般地域でのエアコン消費電力料金比較

空調 ルームエアコンの場合 Z空調の場合
稼働時間

/稼働部屋

9時間稼働 (日)※1

/ 各個室とLDKのみ

24時間稼働(日)※2

/ 各部屋、LDK、洗面化粧室、廊下、玄関、階段他

電気料金 (年間69753円)

月平均5813

(年間62227円)

月平均5185

 

寒冷地域

空調 ルームエアコンの場合 Z空調の場合
稼働時間

/稼働部屋

9時間稼働 (日)※1

/ 各個室とLDKのみ

24時間稼働(日)※2

/ 各部屋、LDK、洗面化粧室、廊下、玄関、階段他

電気料金 (年間154262円)

月平均12855

(年間146385円)

月平均12198

※1 6~9時・18時~24時  暖房設定温度:22℃ 冬:11~4月 冷房設定温度:27℃ 夏:6~9月
※2 暖房設定温度:22℃ 冬:11~4月 冷房設定温度:24℃ 夏:6~9月

Z空調電気代  :ヒノキヤ住宅ホームページより引用

 

個人の口コミでは、電気代として(オール電化)盛夏でも ‘1万円ちょっとでした‘12月は ‘12244円でした‘

電気代に関しては思ったより安かったというレビューをあげている利用者の方が多い様です。

ただ、住まい方によっては電気代が高くなって困っているとうお声もあるそうです。

ですのでこの辺りはまだまだデータを集めていらっしゃると思いますので今後の更新に期待です^^

参考URL:http://www.rinsimpl.com/archives/2019/01/13

 

Z空調のメンテナンスはどうなのか?

 

Z空調のメンテナンスはどうなのか?

 

Z空調はらくらくメンテナンス??

さて一番気になるとところではありますメンテナンス性はどうでしょうか?

エアコンフィルターや換気フィルターは、日々吸い込んだほこりを捕集します。フィルターにほこりが溜まって目詰まりすると、空気の流れが悪くなり、冷暖房効率が悪くなる原因にもなります。きれいな空気環境の維持にはフィルターの清潔を保つことが大切になるそうです。

 

□ エアコンフィルター

各階に設置したエアコンのフィルターは、一般的なルームエアコンと同じようにフィルター掃除ができます。

 

□ 換気フィルター

換気フィルター、外気給気用換気フィルターは床に設置されているので、虫やほこりの落下もなく、掃除機で間単に掃除ができます。

 

エアコン室内機、エアコン室外機、換気システム全熱交換機は、住宅引き渡し日から10年間(メーカー保証期間1年を含む)延長保証あり。製品ごとに、新品交換までは何度でも修理対応可能。(規約にて確認)

参考URL:Z空調のメンテナンス

 

Z空調の価格は?

 

Z空調は全館空調の約1/2!!

2階建て4LDK の場合

一般的な全館空調:200~250万円

Z空調:111万円

※大きさや間取りによって金額は異なります。

価格についての情報は乏しくまた設置した方の情報をネットから集めてみたいと思います。

Z空調の評判は結局どうなの?まとめ

 

Z空調のまとめ

 

ここまで「Z空調」についていろいろ調べてきました。

「Z空調」は、各ハウスメーカーが、打ち出している、全館空調システムの中でも比較的悪くないという印象です。全館空調システムは、大手ハウスメーカー各社が独自のシステムを提供しております。

機能としては、フィルターによる外気の清浄化や家中まるごと温度ムラのない快適な環境で生活ができそうです。それに加え、冷暖費のコスト削減などのメリットがあげられます。

 

それでは「Z空調」ならではのおすすめポイントは

導入コストが低価格である。

他のハウスメーカーで全館空調を検討すると、最安でも200万円費用が掛かります。

「Z空調」の場合は4LDK で111万円となります。

保証などの点も他メーカーと違いはありません。

 

フロアごとのエアコンも天井に埋め込まれています。

室外機も戸外設置型ではなく近隣からの騒音などのクレームもありません。

室内も敷地内も空間が広く使えます。

 

低コストで導入可能

低コストで導入可能出来て、24時間稼働でも電気代は一般的な設置型エアコンよ

安く抑えられる。他の全館空調システムと同様またはそれ以上の割安感。快適さ。

 

各階で温度調整が可能

各フロアにエアコンがあるので各階での温度設定が可能、季節、気候変化に

柔軟に対応できる。

 

エアコンのルーバーの向き変更で調整可能

  • エアコンのルーバーの向き変更で、季節変化に対応した温度対策ができる。

全館空調のまとめ

こんな感じでしょうか?結局のところZ空調の評判はどうなのか?色々調べてみましがたまだ新しいシステムとという事で体験談や口コミが多くはないのですが比較的評判は上々ではないでしょうか?

全館空調システムというカテゴリーだと

・一条工務店の全館床暖房

・Z空調

・YUCACOシステム

・パッシブエアコン

床下エアコン階間エアコンのセット

床下エアコンの評判ってどう?設置後に聞いた費用やデメリット。

階間エアコンって一体何なの? → 一級建築士が回答します。

その他諸々ありますので待った追って他の商品も調べてまとめてみたいと思います^^

 

全館空調システム【YUCACOシステム】の特徴とメリット・デメリット 追記2019.05.11

Z空調と同じ様に問い合わせが多い【YUCACOシステム】について調べてみましたので気になる方はこちらもごらんください。

全館空調システム【YUCACOシステム】の特徴とメリット・デメリット

全館空調システム【YUCACOシステム】の特徴とメリット・デメリット


この記事を書いている人 - WRITER -
2011年から工務店運営をしています。SNSやメルマガで情報発信の傍らボチボチと更新している個人ブログ。内容はすべて個人的見解です。 趣味:ネットサーフィン、カメラ、、キャンプ、バイク、旅行。




- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 家づくりをゆるりと知る , 2019 All Rights Reserved.